今度は会社のキーボードを掃除

土曜日は休日出勤してきました。どうして休日出勤かというと、平日は割り込みありまくりで仕事時間が仕事にならないというわけのわからん(それなりに原因はあるのだが)状態でこれは誰もいない時に落ち着いて仕事をするしかないということでやむを得ず会社に行ってきました。

 それはいいんですが、引き上げるときに会社の自分が普段使っているマシンのキーボードを引っこ抜いて持ち帰ってきました。 (^_^;)このキーボードなんですが、この前自宅で復活したミネベアの109キーボードと全く同じキーボードなんです。違いは右上のパネルに某大手電機メーカーのロゴが入っているくらいで。こちらもマシンを変われど長年使い続けてきたもので今年で10年になります。キートップを外してちょっと拭いたことがあるくらいでキーボードの掃除なんてしたことがないんですよ。ですから、汚れているというかすごく汚い。自宅のキーボードと同様の汚れもあるんですが、手垢だけではありません。今いる建屋の前はこれまた10年近く前なんですが、職場が別の建屋で国道246号沿いにあったんです。ここは毎日トラックなんかが走っている環境で排気ガスなどの影響があり室内にもその汚れが飛んできます。ですから、パソコンやCRTモニタ(当時)なんかはかなり汚れていました。大掃除で雑巾がけしたら、かなり汚れが取れましたからね。そんな時から使い続けているもので、その汚れは相当なものです。前回と同様に分解してキートップを中性洗剤に漬けて、プラモデル洗浄専用に用意している歯ブラシで磨きます。自宅のは歯ブラシで磨く前には汚れは落ちていましたが、こちらは磨かないと落ちないくらいの汚れです。また、カバーなんかは自宅ではない汚れというかがありまして。会社ではシャーペンと消しゴムをよく使うのですが、この消しゴムの削りかすがキーボードに入り込んでいるんです。なんというか鹿尾菜(ひじき)が入っているような感じでちょっと気持ち悪いものがあります。(いや、鹿尾菜が気持ち悪いと言うことではないんですが)なかには消しゴムの削りかすがキーボードフレームというかカバーのプラスチックに付着して癒着してしまっているんです。これはさすがにとれませんので削り落とします。といろいろと苦労してキーボード掃除が終わりました。

 明日会社に持って行きますが。いろいろとありましたが、綺麗なキーボードは打っていても気分がいいもので、これからはマメに拭くようにしたいと思っています。でも、会社のキーボードは打ち込んでいる時間が一番長いこともありキートップのプラスチックの疲労も激しいですね。同じ時期から使い始めた自宅のキーボードとは大違いです。一部は外すときに内部が割れてしまうものもありました。実使用上は問題なさそうなんですが、使い込んでいるものは違うなと感じました。毎日使うものこそ大切に扱いたいものです。

コメントを残す