焼いていますDVD-R

今まで等倍速だった反動で2~8倍速でDVD-Rを焼いています。やはりメディアは国産品の評判言い奴でないとだめですね。というわけで私はメインがマクセルです。太陽誘電も買ってみました。で、やはりだめなのは10枚で1000円を切ってしまう、海外製のメディアですね。見た目は書けても、ベリファイもOKでもコンペアするとだめなことが多いです。特に外周に行けば行くほどその状態は多く、よってせいぜい2GBくらいでやめておいた方がいいものもあります。私が買ったのはMelody、SuperX、HiDiSCです。この中でSuperXはそこそこ優秀なんですが、HiDiSCは外側半分のエラーレートが大きくて後半の書き込みはうまくいきません。職場で、LITECのドライブとそのドライブに対応したエラーレート表示ソフトを持っている方に、見てもらったらそういう結果が出ました。それに比べて、国産のマクセルや太陽誘電のメディアは優秀ですね。やはり、多少はお金を出しても信頼できるものにした方がいいですね。
安かろう、悪かろうがそのまま当てはまる世界のようです。

コメントを残す