インターネット広告

別にお金を儲けようと思っていた訳ではないのですが、先日数年間持ち続けていた某社の株を売ったら、EOS Kiss Digitalの本体が買えるくらいの儲けが出ました。YAHOOオークションでもそこそこの売り上げが出て、このままEOS Kissを買おうか当面の木沢君的運用資金にするか悩むところです。
 さて、最近Googleが提供するインターネット広告をよく目にします。割りとシンプルな表示で目障りにはなりません。どんなものかと調べてみたら、Googleに広告掲載者として登録してGoogleから提供されるJavaScriptを自分のWebページに貼り付けるとそれだけでそのページの内容にあった広告を表示してくれるという物です。当然、多くの方に広告をクリックしてそのページを見て頂ければ、そのページのオーナーに代金が支払われるというものです。ちょっと、自分のページに登録して見た方が不愉快に思わなないか心配なところはありますが、貼り付けてみました。
WoodStream PLAZA
アナハイムエレクトロニクス横浜工場
木沢君的Linux使いの道
その他、木沢君はかく語りきのページ等々
該当しないと、ホームページの製作や転職サイトの広告が載ってしまいますが、ガンダムネタだとプラモデルやフィギュアの通販のお店や、LinuxだとLinuxソリューションの企業、PSXだとプレイステーションのソフトの通販サイト、DVD-R絡みだとDVDメディアの激安ショップ等々そこそこ当ててくれます。どんな広告が出るか楽しみなところがあります。さて、いくらの収入があるかですが、これがどういう法則でやっているかわかりません。Googleの専用ページで自分の収入がわかる仕組みになっています。初日だけで$4.5の収入がありました。しかし、二日目には初日より広告より多くクリックされているのに$0でした。三日目は二日目より少ないのですが$0.65の収入があります。ページが見られたときに対する、広告がクリックされた回数の比率も表示されるのですが、これとも比例していないようです。ちなみに料金は米ドルとなっていて、今のところ支払いは米ドルの小切手だそうです。そのうち円でも支払われるようになるそうです。ちょっと税金の絡みもありそこも調べなければならないところです。これはやはりPC Watchの様に多くの方が見るページに貼り付けるものですね。収入は別にどうでもいいのですが、どんな広告が貼られるか楽しみでしばらく様子を見ていきたいと思っています。

コメントを残す