突発性難聴2007 その(2)

さてさて、続きです。前は意外とピタッと直ってしまった感があるのですが、今回は続いています。月曜日なんですが、会社に行っても相変わらず耳鳴りがひどく更に頭痛まで併発して頭痛の薬を飲むわけにもいかずもはや机でじっとしているしかないような状況でしたが、そんなこととは関係なく障害が発生して電話対応の一日でした。耳鳴りがひどくて周りの雑音を拾いまくるので電話と反対側の耳は手で塞いで電話対応していました。これが凄く災いしたのか、電話が終わると今度は目眩がして立ち上がれない、これは本当にまずいなと思いました。翌火曜日も同じような状況で会議に出ても会議室が狭くて「こんな狭いところはかなりまずい・・・」とノイズの中から話を聞くような状況です。(議事録をとる係でなくてよかったが)

 ところが水曜日は軽くなりました。15:00にフレックスで会社を出るとなんだか調子がいいです。「やはり会社イヤイヤ病か・・・」と思ってしまうほどですが、やはりバスや電車の中はひどいです。医者に行くと今度は別の医者で女医さんです。いや、別に女医さんだからどうのっていうわけではないのですが、そういうドラマが昔あったなぁって程度で。今までの状況を話すと「悪くなったりよくなったりして次第に直っていきます。」とのことでした。まるで外国為替のようですね。(今の時点での話ですが)またまた聴力検査です。うーん、聴力検査はいいのですがこれで400ポイントも取られるのでお金がかかるんですが・・・。テストしてみると今度はよくなっています。ただ、症状は続いているのでまた同じ薬を飲むことになりました。来週の火曜日にまた行くことになりました。(ということでまたフレックス・・・なんか気が引けるな)

 診察と薬で4000円とられます。もう二回行っているので250GBのハードディスクが買えちゃいますよ。(そういう問題か!?)何にしても健康第一です。

 

コメントを残す