感動のお話

おはようございます。
今日は休日出勤出張で都内某所まで出張です。やじうまうぉっちを見ていたらこちらのお話しを見つけました。何気なく読み始めてみると・・・おおっ面白い、止まらない、会社の昼休みに昼寝するのも忘れて読み入ってしまいました。もちろん昼休みに読み終わるものではなく、何日かに分けて読みましたが。なんか伊原さんとウケていましたが、それを聞いて鈴木さんが「あー、家まで行ったところまで読んだ」と続きを話しそうになるので、わたしは焦ります。このままだとあっさりと結論を喋りそうです。焦った私は
「タラン、ハイパーデスラー砲発射だ!!」
「しっしかし、総統、デスラー砲の射程軸線上には我が友軍の伊原さんが・・・」
「かまわん!!ハイパーデスラー砲発射!!」
 という事態に陥ってしまって、とりあえず読み進めます。そして感動のエンディング。いやいや、実話か作り話かはわかりませんが、なかなか感動的なお話しです。この方の気持ちはなんかよくわかる気はします。しかし、現実は悲惨な結末を迎える例が多くて。(^_^;)やはり世の中甘くないよと認識させられることもあります。
あ、それだけですけどね。

コメントを残す