芝生を張ろう(10) 出だしは悪し

前回より一ヶ月以上間が開いてしまいました。というのはなんか今年は去年に比べて発育が悪く、青々としている状態にはなっていないんです。更に雑草では宿敵スギナに続き第四使徒「カタバミ」の襲撃を受け一部は浸食されている状態です。また全体的に白く枯れたままの状態が多く、その一方芝生の花が咲き全体的に黒ずんで見えるという状態です。芝生の花は補のようなもので濃い紫色のようなものです。芝生の花が咲くようでは芝生本体(??)の発育が悪くなるとか聞くのですが、花が咲くこと自体は問題ないようです。

奥様の実家にエアレーションする器具があり、これをお借りしてきました。まずは30センチ置き位に穴を開けていきます。こうすると芝生に空気がいき発育に良いそうです。次に特に発育の悪いところと凹んでいるところには目土を入れます。そして、芝生用肥料をまいて水を十分に与えます。これが5月連休末の状況でした。

一週間後はなんと第四使徒「カタバミ」が黄色い花を咲かせています。この後種を拡散させるそうで、こうなったらカタバミに浸食されてしまいます。とにかく黄色い花を摘み取りました。

そしてこの週末ですが、肥料の効果もあったのか全体的に緑色にはなってきました。しかし、かなり雑草が目立ち緑が芝生なんだか雑草なんだかという感じです。また、芝生の花も咲いていて全体的に黒ずんでいます。雑草を手で抜いていこうかと思ったのですが、ここはまだ登板予定ではなかった芝刈り機ナショナルのEY2233で芝刈りを行いました。正確には雑草そのものを刈ってしまおうというものです。裁断の高さは一番浅い25mmにします。

刈ってみたら結構良い感じになりました。よくよく見てみると次第に芝は青くなり始めて出だしは遅いけどそれほど心配するほどでもないかと思ってみています。芝を刈った後に肥料をまたまいて水をやります。様子を見て今年はこまめに柴刈りをしていきたいと思っています。

DSCF0060

DSCF0065

いい天気が続いて日をたくさん浴びてくれれば良いんですけどね。今年は要注意です。

 

コメントを残す