USBメモリ型MP3プレーヤー

今日、秋葉原に行って来ました。そこのお話はまた別に書きますが(と言って書いた試しがない(^_^;))、そこでのお買い物の話Part1です。
 USBメモリ型のMP3プレーヤーを買ってしまいました。そりゃもう、秋葉原の開放的な気分に乗って、衝撃の衝動買いですよ。お店はドスパラという昔若松があったところのお店です。まあ、お店が変わっても売っているものの怪しさは変わりません。よかったですよ。これでアニメ・同人誌ショップなんかに変わっていたら「ローエングリンてーっ!!」って周りの環境汚染を気にせずに消し去っていたかもしれません。(^_^;)
 NExtWaveのTW-F128というものです。メモリ容量は256MBと128MBのものがありました。私は今までザウルスで64MBで用が足りていたので、128MBで十分かなと言うことで128MBのタイプにしました。価格は128MBが7,980円(税込み8,379円)で9円値引きで8,370円でした。256MBは12,800円(税込み13,440円)でした。製品の詳細はこちらを見てみてください。

大きさは80×31×19[mm]、重さは30gちょっとという感で胸ポケットにも入ります。なかなかお手軽でいいです。私はこの手の商品は初めて買ったのですが、なかなかいいですね。今までザウルスをMP3プレーヤーにしていたのですが、私のザウルスは万が一盗難・紛失したときのガードで起動するたびにパスワードを入れなければいけないんです。音楽プレーヤーの時も例外でもなく、音楽を聴こうとする度に暗証番号を入力しなければなりません。これが結構面倒くさいんです。かといって、ガードなしにして他人に見られたら、会社の軍事機密が見られて懲戒免職になってしまいます。(これは本当)これならそんな必要はありません。
 最初ドスパラでこれを見たときには、「他にもいいものがあるかもしれない」と他のお店を見てみたのですが、MP3に加えてWMAをサポートしていたのは見たところこれだけでした。私は自分のCDをほとんどwma形式で保存しているので、これは重要なんです。このためにPocketPCかうのもね。というわけで、これにしました。レジの前に積み上げています。箱は意外と(??)しっかりした箱に入っています。マニュアルもちゃんと日本語のものが入っています。
 早速使ってみました。USBでパソコンと接続して聴きたい音楽ファイルを転送します。USB1.1なのでそれなりに時間がかかってしまいますが、まあこれはいいでょう。音楽を聴いてみるとMP3もWMAも再生してくれます。液晶モニタにも曲名、アーティスト、アルバム名が日本語で表示されます。気になるようなノイズもなく、私の素人レベルの耳では全く問題ありません。曲によっては、時々一瞬止まりますけどね。レートが高いと処理が追いつかないんでしょうか。まあ、これはいいかな?こちらのページに私のような素人的ではない視点から見たレポートもあります。うーん、なるほどとうなってしまいました。なんにしても私の評価では手軽に音楽が聴けるので合格です。これはいい買い物をしたと思っています。
 これで通勤時間に中島みゆきさんの地上の星を聴くことにしています。あ、帰りはもちろんヘッドライト/テールライト。(いや、私の一日の終わりはいつもハッピーエンドじゃないんだけど。(^_^;))
今でも売っていますよ。(今ってのは2004年5月2日のことを言っています。)

コメントを残す