ウイルス感染

どうもセキュリティーを商売にする人って好きになれないのですが(っておい!!)

今回はまたまたセキュリティーソフトのお話です。文句を言いつつも私はセキュリティーは気にする方で、
手持ちのWindowsマシンにはすべてアンチウイルスなどのセキュリティーソフトを必ずインストールしています。以前、
中国のKINGSOFTのというソフトメーカーのInternet Security2006というソフトを紹介していただき、
インストールしてみました。最初の100万人は無料ダウンロードで一年間使用できて更新料は年間1980円とのことです。
価格的には魅力的ですね。
なんかインストールしてみたら画面はいい感じなので(^_^;)メインのマシンを再インストールしてもNorton Internet
Security2004をインストールせずにKINGSOFTのものを入れていました。まあ、
ウイルスなんてそうそう出くわすものではないのですが、あるメールで状況は一変しました。

 私のwoodstream.gr.jpのアカウントに添付ファイルがあるメールが送られてきました。
SPAMメールだと思うのですが、「ほしのあき」の写真と書いてあります。そりゃ「ほしのあき」さんとなれば見てみるしかないでしょう。
(おいおい)でも、ウイルスの可能性大です。ファイルを保存します。Nortonだったらメール着信の時点でウイルス警告が出るのですが。
KINGSOFTでは出ません。問題なしと思っていました。さて、ファイルはZIPで圧縮したファイルです。
念のためウイルススキャンします。KINGSOFTでは問題なしと出ました。では、解凍してみます。二つのフォルダができました。
念のためまたまたスキャンです。二つとも問題なしです。一つのフォルダを開くと写真が出てきます。
(^_^;)もう一つのフォルダを開いてみると・・・なんとフォルダが開きません。なんだろう、再度スキャンしてみます。問題ありません。
このフォルダ(と思われた)のプロパティーを見るとなんとフォルダではありません。
ファイルを見てみるとスペースが入った長いファイル名で拡張子はなんとEXE!!あーっウイルスだ。たぶん感染している。
またまたKINGSOFTで全スキャンをかけます。これもまた問題なし。「問題なしってことはないだろ。
ちゃんと仕事をしているのかこのソフトは。」と思った私はKINGSOFTのInternet
Security2006をアンインストールしてNorton Internet Security2004をインストールしました。
そこでスキャンしたところ、Nortonは感染を検出しました。検出されたウイルスは下記の通り。

です。上の二つは、2チャンネルブラウザのログファイルから検出されました。そして、
後の二つはメールで受信したファイルで検出されました。そうです。Antinnyに感染していたのです。私は「基本と正道」
がモットーなので、Winnyなんて使っていませんし使ったこともありません。しかし、
もしWinnyを使っていて仕事のファイルがパソコンの中に入っていたらと思うとゾッとします。
「プロの中のプロとして過ちを犯した」
と記者会見を開かなければなりません。(^_^;)何にしても私もうかつでした。
こちらは、Nortonで除去してSymantecのサイトの情報を見ながら、手動でも感染していないことを解除しました。

 何においても完璧と言うことはありません。しかし、KINGSOFTのInternet
Security2006では上記ウイルスは検出できなかったことは確かです。もちろんウイルス定義ファイルも最新にしてあります。
残念ながら、KINGSOFTは不採用としました。でも検出できても良さそうなもんなんでしょうけど。
それでも検出できなかった事実は事実なので。

 ウイルス対策ソフトっていろいろとあるんですが、
ウイルス対策のノウハウと迅速な対応を考えるとやはり大手(会社規模じゃなくて)の実績のあるメーカーのものがいいのかなぁ、
と思ってしまいます。やはり、ウイルス対策ソフトはSymantecのNortonを使うこととしました。次の問題があるのですが、
それはまた次回。

 

コメントを残す