無線LAN高速化計画?

ただいま連休中です。仕事はあるんだけど、それほど切迫した状況ではないので大手を振って(^_^;)休んでいます。まあ、切迫した仕事は・・・10日後にやってくるんですけどね。とりあえず、ハムログマップをいじって、作りかけていたνガンダムの仮組を進めています。
 さて、さすがに連休とあって一日秋葉原に行って来ようと思います。欲しいものはたくさんあるのですが、EOS Kiss DigitalとかCLIE TH-55とかかなり購入目前までいって踏みとどまっているというものもあります。EOS Kissはいつか買うと思うんですけどね。そんな中、欲しいものの一つに54Mbpsの無線LANのシステムがあります。今は、IEEE802.11bの2.4GHz/11Mbpsのシステムを使い続けています。正直な話、インターネット接続していてこの無線LANがネックになるなんてことは体験していないんですよね。強いて言えば、無線LAN経由のマシン同士の接続ですかね。ファイルのやりとりをするにはちょっと実用的ではありません。動画ファイルなんかも重くてとても再生できない状態です。ということで、そこが高速化できればとは思っているのですが、54MbpsのIEEE802.11gでどの程度のスピードアップが図れるかですね。価格的には、高速ルータタイプを買っても2万円程度、そうでないタイプでも1万5千円程度です。また、フレッツスクウェアもいつでも見たいのでPPPoEマルチセッションに対応したものも欲しいところです。今のところBuffaloのWHR2-G54が候補です。ただ、マシン間のファイル共有ってそれほど機会が多くなく、それを考えると投資効果は少ないのかなと思っているのも正直なところです。ちょっとまだ考えています。(最近手堅くなってきたな。(^_^;))と言っても以前お話ししたIEEE-1394接続でもファイル共有に関しては用が足りていたりしますけどね。

コメントを残す