CPUはCore2Duo(ES) 木沢君的PC七号機計画(1)

以前からお話ししていたとおりいろいろと考えたりあきらめたり開き直ったりしてCore2Duoマシンを組んでみました。
何回かに分けてここら辺のお話をしていきたいと思います。

 そもそもは三年半ほどPentium4/2.4BGHzマシンを使っていて実はそれほど不満はないものの、
増設などを考えていくとそろそろ新しい部品でそろえたかったり気分を変えたかったり(^_^;)して、マシンの変更を常に考えていました。
一時期はSocketAM2でAthlon 64 X2マシンも考えてみましたが、
Core2Duoを待つこととし(正確には考えているうちに発売になってしまった)発売になり次期マシンはCore2Duoで行くこととしました。
ただ、いざ買おうとすると本当に必要か考えてしまい躊躇していました。
そんなときにメインのIDEのハードディスクが壊れてしまい(買って半年なのに・・・)、ここでIDEではなくSATAで、
ならばマザーボードも変更CPUも変更・・・とこじつけて買うことにしました。要は「理由は存在すればいい・・・」ってことで。
(^_^;)とこれがここまでのお話です。

 さてさて、それでもいろいろと費用がかかります。そんなところに臨時収入がありました。
実は私の会社がグループ内で合併して今までの会社の組合に積み立てていたお金が返ってきたんです。それがマシンを組むには十分な金額でした。
でも、必要なのはCPUパワーよりも新しいプラットホームだったので以前みたいに財力にものをいわせて当時の最高スペックマシンを組もうとは思いません。
そこで考えたのが先にお話ししたスペックのマシンです。

 今回は、CPUについてです。

CPUはCore2Duoで決めていました。グレードがいくつかありますね。X6800(0が一つ足りないというネタはともかく)、
E6700/6600/6400/6300です。違いはキャッシュのメモリ容量と動作クロックです。正確にはCPUのFSBの倍率ですね。
まず、X6800は除外して、
E6xxxシリーズだとキャッシュが4MBのE6700/6600と2MBのE6400/6300に大別されます。
価格的にはE6600が4万円ちょっとで買えるのでコストパフォーマンスは良さそうです。8月の発売時はE6600が品薄になっていました。
T-ZONEなんかはマザーボードとの抱き合わせ販売していたくらいです。まあ、
それは抱き合わせ販売の内容としては悪くはないと思いますけどね。キャッシュが2MBか4MBかなんてどうせ体感速度ではわからないし、
動作クロックも大きくは違いません。それより体感できるかわからないくらいです。しかも、
E6300はオーバークロック耐性もよくE6400と同程度のクロックで動作させることは可能です。(実際可能でした)と、
いろいろと考えていて「E6300でいいだろう」ということにしました。

 どこで買うかです。最初買おうとしたときは秋葉原で一気に買いそろえるつもりでした。でも、
なんか時間がとれず価格変動もそれほど起きていないようなので一つずつ買い集めることにしました。
基本的にはYahooオークションと通販と会社の帰りに寄れるビッグカメラ藤沢店(実は品揃えがよくて店員も優秀ということがわかりました)で調達することにしました。

 Yahooオークションでいろいろと物色していたら結構Core2Duoが出ているんです。
しかもE6300は市場価格が24,000円位なんですが、オークションの実績では20,000円くらいで出回っています。
早速19,000円で出品していたCore2Duo E6300があって、まずは19,000円で入札しました。
なんとなんと他の入札者がいなくて初値で落札できました。ラッキーです・・・と思って、
商品説明をよーく読んでみるとES品って書いてあるんです。ES品ってエンジニアリングサンプル品です。量産出荷前の開発・評価用です。
ステッピングも量産品がB2ですが、これはB1です。何が違うかまでは調べ切れていませんが、ES品について一般的にいわれていることは
「性能的には量産品と変わらない。ただし、
長期安定稼働のための品質保証ができないラインで製造されていることがあるので品質面では量産品より劣る。」ということです。まあ、
使っていてわかりゃしないんですけどね。
ここであと5千円出せばリテール品で安心できるのになぁと当初は品物が届いたら即オークションに出品してリテール品を買い直そうかと思っていたんです。
ちなみにこのES品は出品者の方がリテール品のCPUファンをつけてくれています。もちろん、
説明をよく読まなかった私が悪いので出品者の方は悪くありません、というむしろ大変丁寧な方で「非常によい」という評価をしてしまいました。

 なんか気分的に出鼻くじいたなぁ、という感じはあるのですが、次の買い物を考えている間にCPUが届きました。

DSCF0008

ね。Core2Duoなんて書いてないですし(リテール品はちゃんとCore2Duo
E6300と刻印がある)ESなんて書いてあります。それまでは転売を考えていたのですが、一度手にしてしまうと情がわくっつーか、「まあ、
とりあえずこれで組んでみますか。」という気になりました。

こんな感じで私と今のメインのCPUは出会いました。で、結論から言うと何の問題もありません。
問題があっても私には気がつかないのかと思います。さすがに7倍のところ8倍とか9倍とかにはできませんでしたが。
(逆にES品なので期待してしまいましたが。)とりあえず、末永く使っていこうと思います。

 でも、私の周りの反応は面白かったですね。ES品を買ってしまったって言ったら大抵突っ込みを入れてくるところなんですが。
複数の人が「うーん・・・」と言ったまま黙り込んでしまうんです。
ES品でマシンを組んだやつなんて今まで私の周りでいませんでしたからねぇ。

次はマザーボードのお話です。

 

コメントを残す