KingSoftOffice2007を入れてみる

いやー、三連休なんですが、昔だったら今やっている仕事家に持ち帰ってやっているところですが、
情報漏洩の観点からそんなことしちゃいけない状況になっているため持ち帰っていません。
もっとも持ち帰ってもやらない確率のほうがはるかに高いんですが。
サーバーリプレース機の故障は本当にショックでパソコンさえなければひょっとしたら苦悩の人生送らなくてもよかったんじゃないかと、
文明社会って人間には酷ですねぇ・・・。なんてこと考えている今日この頃ですが。

 さて、
先日VisualStudio.NET2003を使いたいがために別ハードディスクにインストールしたWindowsXPですが、
結局いろいろと追加インストールして今のVistaでやっていることとほぼ同じことができる環境になってしまいました。
データドライブのドライブレターだけをあわせてあるのと共存しそうなソフトはデータごとデータドライブにインストールしてあるので、
ほとんど何もしない状態でデュアルブート環境が出来上がっています。で、主に使っているのはXPです。(^_^;)

Officeについてですが、ワープロは一太郎があるのでいいのですが、
それ以外についてはMicrosoftのOfficeのライセンスがもうないので(いや、
XPにも入れたらアクティベーションがどうなるやらわからないだけですが)OpenOfficeでも入れようかと思っていました。
そういえばOffice2003そっくりのKingSoftOffice2007があるのを思い出し、インストールしています。
見た目はほぼOffice2003で、いろいろと得た情報によると巨大なファイル、
たとえば数十ページある仕様書とか(^_^;)を開いたり編集したりすると動作が不安定になったり遅くなったりするそうですが、
それ以外はまあまあ問題ないとのことです。三ヶ月間無料の体験版で試してみていいようだったら買ってもいいかなと思っています。
というか自分のパソコンで会社の仕事を持ち帰ってやることはないので、これでいいんじゃないかと思います。
ExcelでVBAつかって何かやることができれば別ですけどね。

 

コメントを残す