眼鏡の買い換え またまたエアリストにしました Part1

なんか欲しいものがあるとその他の出費が出てくるというのはなんかの法則でありそうですが。

眼鏡が一部壊れてしまいました。私の眼鏡はHOYAのエアリストっていう「縁なし眼鏡」なんです。4年前に買ったものです。元ヤクルトの古田元監督がされているような眼鏡です。もっともあちらの眼鏡はアイメトリスクという高価な眼鏡ですが。この眼鏡は非常に軽くてかけていて快適な眼鏡です。まさに外付けコンタクトレンズと言っても過言ではないでしょう。

ところが、欠点もあります。それはとても軽すぎて簡単に外れてしまうことです。子供に眼鏡を飛ばされた回数は数知れず、先日雨と風の強いときにゴミ出しをしていて、突然視界がぼやけてはっとしたときには眼鏡がどこかに吹き飛んでいました。足下に落ちていたので見つかってよかったんですが、あのときは焦りました。ただそのときレンズの一部が欠けてしまいました。つまり、外的要因には柔なんです。

さらに先日、フレームの鼻に当てる部分のパーツが簡単に曲がるようになってしまいました。(表現しづらいんですが。)どうもパーツを支える部分に亀裂が入ってしまったようです。エアリストを買ったメガネドラッグ大船店にちょっと直してもらおうと行ってみたら、「メーカー修理になります。」と言われてしまいました。予備のメガネはなく、修理は断念してレンズも欠けちゃっているし・・・なんて話していて、もう買い換えた方がいいかもという話になりました。「今ですとキャンペーン価格で29,800円、超薄型レンズでも33,000円です。」と言っています。まあ、眼鏡っていざ買うときになると「レンズのグレードを上げろ」だとかなんとか言われてこういう表示価格より凄く高くなるんですよね。「このエアリストは43,000円したんだけど、本当に29,800円か33,000円なんですね。」と念を押してとりあえずその日は引き上げてきました。(Part3で衝撃の事実が・・・)

どうしようか悩んだんですが、どうも眼鏡が不安定になっているので調子が悪くて買い換えることとしました。今かけている眼鏡は予備の眼鏡とします。で、奥さんに眼鏡を買い換える話をしたら・・・「眼鏡なんて1万円ちょっとで買えるのに、なんでそんな3~4万もする高いものを買うのか」と小一時間・・・。私は小学校6年生の時から眼鏡をかけていて平均的に3万円くらいのものを買っていて眼鏡の相場なんてそんなものだと思っていたので、結局、「そんな安物なんか掛けられるか」と話は決裂。自分のお小遣いで買うことになってしまいました。ああ、コンデジが・・・ネットワークウォークマンが・・・ノートパソコンが・・・。

長くなったので続く。

みなさんにアンケートを採っています。

コメントを残す