ケーブルテレビ会社のデジアナ変換でアナログ機器の延命処置!?

総務省のお達しによりケーブルテレビ会社で局内に「デジアナ変換」を行うことにより2015年3月31日までアナログ機器が使えるようです。

私の地域は街の美観を損なわないようにするためか、アンテナを立ててはいけないんです。CS/BSのパラボラアンテナはOKなんですが。ということもあり、自治体の支援もあり地域丸ごとケーブルテレビを利用しています。JCNよこはまになります。

今日、JCNよこはまの方が自宅に来て説明と設備の確認にきました。「寝耳に水かもしれませんが・・・」とお話を始めたところ、下記のようなお話でした。

2011年7月24日に地上波アナログ放送は停止するが、総務省のお達しによりケーブルテレビ各社は局内に「デジアナ変換器」を設置することにより、地上波デジタルに対応していないテレビやビデオでも放送が見られるようにするとのことです。背景には「買い換えの需要が追いつかない」というのもあるのですが、何よりも今年の7月に一斉に不要になってしまうアナログ機器を処分しきれないという問題を抱えているそうです。

総務省のお達しというのは絶対ではないのですが、大体のケーブルテレビ局はそれに従うようです。私の家も今のテレビとビデオは地上波デジタルに対応したのですが、一つだけ「見られればいい」程度で買ったアナログテレビがあり、今年の7月には買い換えをする予定でしたがしばらくは(おそらく壊れない限り2015年3月31日まで)使いそうです。

 

コメントを残す