リコーのCX1を見てきました

いやー、今週もいろいろとありましてね。ただ、かなりやばい話なのでここでは言えませんが。あ~厳しいよなぁ・・・。

で、審判の日だった2009年3月13日に帰りにビックカメラ藤沢店になんとなく寄ったんです。本当に何となく。デジカメ売り場に立ち寄りました。今まで置いてあったリコーのR10があったのですが、ある日突然なくなっていたんです。しばらくするとそこにはCX1のモックアップがありました。ただ、その日はCX1の実機がありました。そう!この日はRICOHのCX1の発売日だったんです。

「ああ、そうか今日13日の金曜日はCX1の発売日だったんだ。」と思ってみていました。とりあえず、一枚写真を撮ってみます。「あれ?早い!」そうです。シャッターを押してから再生するまで、次の撮影ができるまでの時間が早いんです。写りもいい。マクロ撮影も本当に寄れます。ズームを生かして照れ単マクロ撮影もできます。ほーっ、気持ちの整理がつかないもやもやも忘れて見入ってしまいました。それを見ていたビックカメラの店員が寄ってきます。いろいろと説明してくれました。

CX1はR10の後継機にあたりますが、CCDからCMOSセンサーになっているとのことで速度的に早いってことになるんですかね。実機を使って説明してもらいました、929万画素で他が1200万画素とか言っているところあえて解像度にこだわらない姿勢が共感がありますね。4コマ/秒の連射(929万画素)と120コマ/秒(VGA)の連射機能には驚きましたね。なかなかのものです。また、フォーカスを変えて複数の写真がとれる機能(マルチターゲットAF)や各種撮影の補正機能は見せてもらって最新のデジカメってこんなにいろいろとできるのか、と思ってしまいました。

うーん、欲しいなぁ。46,400円かぁ。「でも高いですね。」というと「それなりの内容ですから。」と言います。むむむ、そうですよね。ええと、ビックカメラの株主優待の商品券3,000円とビューSuicaビックカメラカードのポイントでSuicaポイント5000ポイント(5000円)があって、更にデジカメ下取りキャンペーン3,000円を足して11,000円はなんとかなるか。更にここ最近FXでもうけた額でなんとか買えます。(Mac miniもEeeBoxも諦めるしかないですけどね。)デジカメ下取りキャンペーンって製造番号が明記してあるデジカメであればどれでも3,000円で引き取ってくれるそうです。FinePixF401でも、引き取ってくれるそうです。

あくまでもEOS Kiss Digital Nのサブ機としてのコンパクトデジカメですが、凄く欲しいなと思ってしまいました。これは買うかもしれません。

リコー CX1 ブラック

コメントを残す