ISO感度を上げてみる

EOS Kiss Digital Nで子供の写真を撮りまくっています。と言っても、撮るのは週末だけですが。ショット数だけではかなりの数になりますが、最近いいカメラを持っている割には(^_^;)思ったような写真が撮れないんです。
 最初のうちはなかなかいい写真が撮れていました。FinePix4900zを使っていたときですが。最近はやたら動くようになって、レンズを見ると触ろうとしたりしてモデルさん(??)がやたら動くので手ぶれやピンぼけ写真が多くなりました。ああ、もっとくっきりと撮れていたらいいんだけどなとか思う写真が多いんです。
 というところまでが先週の週末のお話しでした。マニュアルで絞り優先で撮っていました。背景をぼかしたりそういうことをやたらやってみたかったので。これはこれで効果があります。先日買った50mm単焦点F1.8のレンズは素晴らしく幻想的な写真が撮れます。もっともピント合わせに苦労しますけどね。さて、少なくとも手ぶれはシャッター速度を上げるしかありません。しかし、今度はシャッター速度優先で1/250秒なんて速度で撮ろうものなら室内では露出アンダーになってしまいます。子供相手にフラッシュは焚けないし。というところで、今度はISO感度を上げてみることとしました。KissDNではISO1600まで対応しています。普段はISO400くらいにしているのですが、これをISO1600までに上げてみることにします。すると速いシャッター速度でも露出アンダーにならなくなりました。ISO感度を上げるとノイズが多くなると聞いていますが、KissDNで私が見たところではさほど気になりません。いや、見比べると違うのかもしれませんが。と思って実験したのが平日の23時過ぎ(^_^;)、扇風機や自分の手など高速に動かしてみてどこまで撮れるか試してみました。まあまあ思った通りにブレもなく撮れます。自分の手を撮るときは自分が動いているので、さすがにぶれますが。AFはワンショットオートフォーカスですが、サーボAFと言うのも試してみます。今まであまり使うことがなかったもので。今週土曜日は休日出勤なので日曜日に挑戦してみます。
※ 2005/8/21追記
 こちらで実践してみました。

コメントを残す